>  > 比較するものじゃないですね

比較するものじゃないですね

風俗に関してはまさに「オンリーワン」というか、他人と比較してあれこれ考えるようなものではないんじゃないかなと思っています。確かに評判だとかいろいろな面が気になる気持ちはよく分かるんですけど、でも誰が楽しむのかといえば自分自身なんです。そう思ったら風俗は自分が良いと思ったジャンルや女の子を楽しめば良いんじゃないかなと。それこそ口コミでどれだけひどい評価であったとしても自分には合うかもしれないんです。楽しむのは自分自身なのであまり周囲のことを考えすぎるのももったいないんじゃないかなと思いますよね。もちろん参考にすべき部分はあるかもしれないですけど、他人の評価が必ずしも自分にもマッチするとは限らないだけに、こういった話って割と大切になってくるんじゃないかなとも思うんですよね。まぁあまり深く考えず、マイペースに楽しむくらいが一番なんじゃないかなと(笑)風俗を楽しむのは他ならない自分自身なんですしね。

美乳は男のロマンだと知った

なんだかんだで風俗ではおっぱいの大きい子を選びますね。美乳は男のロマンと言っても過言ではないでしょう。何をするとかではないんですよね。その美乳が自分でも弄れる距離にある。それだけでいいんです。別に風俗の時間、ずっと美乳を揉んでいるって訳でもないですしね。それでも見ているだけで満足しつつも、挟んでもらったりもまた美乳の魅力ではありますよね。そういったことを楽しめるからこそ、自分も美乳を選ぶようにしているんですよ。実際、やっぱり美乳の方が男の気持ちという点でも上なんじゃないですかね。まぁこればかりは人それぞれだとは思いますし、自分の友人にも微乳が好きってやつもいるんですけど、ただ微乳に挟んでもらうことは出来ないと思うので、物理的な選択肢という点でも美乳や巨乳を選んでおいたほうが断然お得なんじゃないかなって思うんですけどね。むしろやっぱり自分のモチベーションを考えたら巨乳の方が良いんじゃないですかね(笑)

[ 2016-12-13 ]

カテゴリ: 風俗体験談